1/80 ゲージ ブログトップ

Zug伊豆急100系104号車DCCサウンド化完了 [1/80 ゲージ]

持つべきものは友人(仲間)です!ネットのおかげで本来ならば書籍の記事を通してでしか知り得ないその道のスペシャリストの一人今回はKumaさまとの出会い。そのキッカケを作ってくれたオープンサウンド。そしてメンバー。今年に入ってからというもの鉄模環境が激変しました。本当に今まで出会った方々全てに感謝の気持ちで一杯です!前置きはこのくらいにして本題に入ります。
100kei1.jpg
仲間に修理をお願いしていたクモハ104号車が早くも戻って来ました!室内配線も見直されてスッキリと丁寧な仕上がり。連結時に編成に組み込む場合を考慮して『ヘッド、テールライトのファンクションを増やして対応出来るようにしてあります』本格的な製品となっております。
100kei2.jpg
絶望的だった走行系と足回りの見直しで片軸集電だった台車をエンドウオプションパーツを使って全輪集電化が施されております。
100kei6.jpg
画像はKuma氏提供のもの。
100kei5.jpg
集電シューは車輪裏側平面に当てて安定。
100kei4.jpg
8-pinソケットからNext18に変更し配線が目立たない。
100kei3.jpg
ライトユニット新規制作という具合に綺麗で効率よくまとめ上げられて電気周りは別物になっております。Powerpack miniとの組み合わせは単行としても運転する両運クモハにとっては是非搭載したいアイテムです。CV値もLN-15とMPギヤ用に調整済み。早速走行テストしましたが、以前のギクシャクはもちろんのこと皆無。滑らかに安定して走行する分サウンドも生き生きしております。
100kei7.jpg
3両編成に組み込むので下田向きにサボを取り付けました。
100kei8.jpg
近日中にMB3110A氏に送りたいと思います。

コメント(7) 

Zug伊豆急100系DCC化再検討 [1/80 ゲージ]

木こり邸でのオフ会で本番走行となったZug伊豆急100系DCC編成ならびにクモハ104単行DCCだったのですが、速度を上げて行くに連れて振動が大きくなり脱線という残念な結果となりました。保険的意味合いで持参したTomix 113系は、PowerPackminiも設定し快調に走行しサウンドも披露出来ました。既製品まんまのTomixの走行性はすこぶる快調であって何も心配ありませんでしたが、残念な結果となってしまった伊豆急100系は愛着があって今後の3両編成も考えると何か対策しないとこのまま諦める訳にも行きません。今回初参加されたYPさんからブラスモデルの構造や伊豆急を診て頂き問題の症状と対策を教わって来ました。
ln.jpg
LN-15コアレスモーターとMPギヤの組み付け。YPさんの持参されたブラスモデルの組み付けと比較するとシャフト(ユニバーサルジョイント)の向きがまず反対。しかし EN-22とLN-15のモーターシャフトの寸法(太さ)と指定品MPギヤのシャフト寸法(太さ)自体が逆になっておりキット性質上組んで行くとブラスモデル品とZug品で両軸のシャフト取り付けが反対になりこれが歪みに繋がっているようにも見えます。また台車交換したものの、やはり車体の軽さを改善しないとこれでは無理という事でエンドウのMPウエイトなるパーツも教わりました。確かに東武500系には2個床下に付いています。最終的には全車両に2個づつ装着する予定です。

※MT54様にエンドウ ユニバーサルジョイントの位相違いの製品についてご指摘を受けました!私が購入した製品は位相が90°ずれている製品です。ユニバーサルジョイントは左右対称でなければ動力を均等に伝えられません。後日正しい製品を探して取り付けてみます。品番6505路面電車等ではシャフトは短いのだろうか?品番6501の画像を見る限りどこの店も90°ずれている?
http://dda40x.blog.jp/archives/52075623.html←正しい製品と記事はこちらをご覧ください。
ブログ名:『Giants of the west』

mp.jpg
EN-22用ですが、パワートラック採用なので問題ありません。
mp6.jpg
結構な重さがありこれは効果がありそうですが、シャフトの回転時における大きな振動はどうしようもなく次回3両制作分は発売されたばかりの天賞堂コアレスパワートラックに変更しようと思っております。品番05002使用。
pw.jpg
これを復活クモハ103両運車に2台とクモハ113低運車に搭載して、通電カプラーは廃止しTNカプラーで既存のT車と編成を組めるものにする計画です。PowerPackminiの有効性が分かったのでそれぞれ搭載します。
pw2.jpg
3両編成が上手く行った暁にはモハ147も換装するつもりです。よって私の現時点での見解はエンドウMPギヤとLN-15をキットに組み込む場合はセッティングの微調整がかなり大変じゃないかと思います!
dcc@1.jpg
一方でパワートラックをDCC化する際は線路からの集電シューAとモーター接点Bを分離しなければなりませんが、集電シューの接点にポリイミドテープを貼り付けるとか絶縁する方法を考えなくてはなりません。その上で配線AとB(両側)に関しては台車の動きになるべく負荷がかからないように工夫する必要がありそうです。この事からも急曲線に対応するのは難しそう。MPギヤを使うにしてもパワートラックを使うにしてもDCC化には課題が付き纏いそうですね(汗)
dcc2.jpg
Zug台車取り付けは問題なく行けそうなので床下パーツのくり抜きは必要ですが、アナログ動力化なら簡単で良いかもしれません。3台テストしましたが、(※これは古いパワートラックで新しいのは改善されている)走りの質という点においてはスローは得意ではなくて価格相応?という感じです。(DCCにはPowerPack必須という気もします!?)
pc1.jpg
さてCV値の調整についてはいい線行っていたと思います。YPさんからPowerPackminiのセッティングも教わりましたが、CV値のセッティングを終えていたので間違いは無かったです。
pc2.jpg
AUX7で確認とセッティングが出来るのですね。
pc3.jpg
線路から離しても3秒以上継続動作しております。加速減速のセッティングも悪くはなくてシャフトの振動さえなければ運転出来たと思うとプラモデルキットの調整の難しさを感じました。でも一筋縄で行かないものを調整して行く事はマニアックな分何故かより愛着が湧いてしまうんですよね。

追記
エンドウ床下パーツでググるとキハ用の数種類のLN-15対応MPギヤ搭載用パーツを見つけました。
mp8.jpg
ただしキハ58系やキハ40系(21.300mm)などは伊豆急100系モハ(19.500mm)よりおそらく長くて収める事が出来ません。これの20m級電車用があれば(417系、721系用とか)モハ147はMPギヤのアナログ仕様に作り直して走行調整してみたい気もします。
zug91.jpg
その後キハ30系の床板のツメを取れば収まる事を知ってモハ147は実験的にエンドウ純正で床板部分を作り直す事にいたしました。
zug92.jpg
プラ棒1.0×1.5mmをかますとピッタリと収まります。一方のクモハ104号車はTNカプラー下端がMPギヤ台車に当たっている事を仲間に教わり調整を頼んでおります。両車両ともユニバーサルジョイントの位相を直します。

コメント(10) 
1/80 ゲージ ブログトップ