So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ファビピラビル(アビガン) [薬]

しばらくぶりの更新です。ストレス解消にレイアウトの方はボチボチ進んでおります。
世の中新型コロナウイルス騒ぎの真っ只中でいよいよ緊急事態宣言まで出されます。日頃免疫力を上げる、軽い筋トレ、菊川市の緑茶(エピガロカテキンガレートEGCG)、栄養のある食生活、睡眠と気を使っております。
@72.jpg
上記はアビガン開発者である千里金蘭大学白木公康教授によるものです。現存する薬の中で副作用の無い安心して使える(妊婦は禁止)もの。
@70.jpg
80後半の女性も生還。明るいニュースも入って来ました。
@75.jpg
こちらの記事は、集中治療室で重篤な状態からアビガンで生還した若い男性。ここまでくるとアビガンとトシリズマブ(IL6自己免疫作用を抑制)などの薬と併用して投与。(中国での臨床結果で、確立された標準治療となりました。)
@61.jpg
そしてドイツでアビガンを数百万人分をセットで注文した事が、これで決まり!という事を示唆していると思います。
@62.jpg
スリランカにも届いたのですね。日本人のインフルエンザ用200万人分(新型コロナ70万人相当)は、いつ頃使われるのでしょう。現在はどこの病院で処方してくれるのか?さっぱり分かりません。
軽症患者に使うと2.5日〜4日で陰性となり、その後ワクチンとなって体内に留まる作用もある事が分かって来ました。
@72.jpg
さきほど総理の口からアビガンの希望者は病院の許可を貰って処方出来ると説明を受けました。
@73.jpg

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=ZeV91LYPG_Y&feature=emb_titleアビガンの効果。

PS)
@75.jpg
米でもマサセッチュー州の3病院で治験。30種類の薬の中で最有力!!
もう世界中でアビガンで決まりですね。
@79.jpg
日本版記事。

@77.jpg
ストロメクトールも効果があるという記事。

※4月9日19:00現在情報
@80.jpg

コメント(0) 

地形制作 [伊豆鉄道制作記3弾]

点検口兼山側面骨組みにプラスタークロスと軽量紙粘土で整形しました。骨組みに使った真鍮棒を裏側から木工ボンドでプラスタークロスに固定しました。また民家のうち一軒を再検討し丘の上に移動しました。
izutetudou2138.jpg
続いてトンネルのすぐ下に位置する洞窟岩をスタイロフォームで下地を作って石粉粘土で整形しました。塗装はとにかく薄いグレーを筆塗りして色目を整えて写真画像を見ながらエアブラシで幾重にも重ねて雰囲気を出したつもりです。
izutetudou2139.jpg
遊歩道などはタミヤ情景テクスチャーペイントで下塗りしてタミヤカラーを吹き付けております。
izutetudou2140.jpg
第二弾との境目は信号場へ続いている小道を作りトンネルも設けました。
izutetudou2141.jpg
続いて海鮮家の駐車場と北川から続く国道を設置。あとで電飾作業と看板類を作り柱を垂直に直して固定します。ここ駐車場から見下ろしたトンネルまでの海岸沿いを走行する伊豆急がまた格別。
izutetudou2145.jpg
伊豆鉄道はもともと一つ(4.500×1.200mm)のレイアウトプランを6つのブロックに分けて制作しています。やっと奥行きが出て来ました。
izutetudou2146.jpg
今回のモジュールは3つの見所を制作。一つは海鮮家を中心とした小集落の情景です。2本の小川はテクスチャーペイント茶系で下地を作ります。
izutetudou2142.jpg
全体的には海岸、集落、信号場となります。強度を出す為スタイロフォームにプラスタークロスを貼るので、関連する地形や石垣を先に取り付けます。クリックすると拡大します。
izutetudou2147.jpg
畑や川底、一部の地面も情景テクスチャーペイント(ダークアース)で先に塗装。
izutetudou2148.jpg
出っ張っていた山を削って駐車場からの眺めを修正。そして信号場に擁壁を取り付けました。

コメント(5) 

2年ぶりの作業再開 [伊豆鉄道制作記3弾]

突然ですが体調不良の為、欧州レイアウトはしばらくお休みします。そこで途中まで作業を完了していたNゲージの方を進めて行く事にいたしました。
izutetudou2092.jpg
前回は稲取1号踏切に続く農道を作るところで中断しておりましたので、稲取2号踏切を含めた農道と周辺の地形を作ります。
izutetudou2095.jpg
桜模様のある志津摩海岸トンネルを固定するので、その内部にある点滅信号機も取り付けます。
izutetudou2096.jpg
矢印の部分。
izutetudou2098.jpg
実際は3本目の柱に設置されてますが、目立たせたいので入り口の柱に取り付けて点滅テストを行いました。光ファイバーは無理に曲げると折れてしまうので巻き癖に逆らわずに取り付けました。
izutetudou2100.jpg
踏切渡り板を塗装し通路と接着したところ。
izutetudou2102.jpg
トンネルを固定したので、地形を大雑把に作って行きます。
izutetudou2103.jpg
反対側から覗いた時に海が見えるよう整えました。
izutetudou2104.jpg
海鮮家志津摩店駐車場を作って、実際と同じような雰囲気にしたいと思います。
izutetudou2106.jpg
民家の地盤を調整しました。前回同様にさんけい製を使います。
izutetudou2107.jpg
坂下川と志津摩川という小川は河口からすぐに用水路のようなトンネルに入ります。
izutetudou2108.jpg
それぞれ流れ出たと思われる泥で堆積した中洲を紙粘土で作ります。
izutetudou2109.jpg
稲取トンネル付近は点検口を兼備えた山の側面を作ります。
izutetudou2110.jpg
φ1.5の真鍮線が手元にあったので、斜面の形を作ってあらかじめ接着した受けに並べて行きます。
izutetudou2111.jpg
横桟を瞬着で固定したところ。ウェアラブルカメラ走行可能の建築限界を確認。
izutetudou2112.jpg
仕上げにプラスタークロスを貼って形状を整えます。
izutetudou2113.jpg
そして民家に続く農道まで整備しました。

コメント(10) 

東武8000系未更新車10-1次型88年度仕様の制作 [車両工作]

東武車両の入線計画でどうしても外せない8000系は、時すでに遅かったでんてつ工房で揃えたかったのですが、予約制の上に欲しかった4両編成は未更新、更新車とも売り切れでした。オープンサウンドも公開されてZugの予定に8000系がありこれを待つ事にしていたのですが、ホビーメイトオカさんからイベント限定のキットが発売。ホビーメイトオカといえば通の好む精密モデル!確実に手に入れる為に予約して購入しました。
1.jpg
せっかくなので、でんてつクオリティーにするべくオプションパーツも探し集めました。88年当時春日部車両センターに所属していた4両固定編成8191Fを作ります。
11.jpg
まずはキット本体。
3.jpg
ボディー中心に必要最低限のパーツで構成されてますね。TOYO MODELを改良したキット。サッシも二重に表現。
4.jpg
ジャンパ栓やインテリアなど全てオプションでまかないます。安価なので仕方がないところ。FS396のピボットが売り切れで改造して対処します。
5.jpg
パンタはIMONのPT48。丸目会の分厚い本を頼りに諸先輩にも相談し購入。
8.jpg
これも古本屋で手に入れました。
6.jpg
走行系パーツやLED各種。車輪もグレー波打ちを購入。この辺はMPギヤで揃えても良かった。完成後DCCサウンド化するので通電カプラーは必須。インレタ問題も考えなくてはならない。
7.jpg
ホビーメイトオカ専用オプションがまた素晴らしい。クーラー、パンタ台、鉤外しも実車に即した最高級仕様。これは激アツだ!
dt27.jpg
ホビーメイトオカからパンタ台到着後、工房へ残りのパーツを送ります。配管止めは、マッハモデルも使います。
9.jpg
モデルワムのATS車上子など床下機器も揃えました。来春予定の精密床下機器も期待して良さそう。
10.jpg
予定を変更し伊豆急100系3両の前に制作します。精密床下機器は追加作業として来春完成予定です。

コメント(18) 

YP自宅運転会 [走行会]

体調を崩し自宅療養している管理人、今回はYP氏から運転会のお誘いを受けて参加させていただいた模様をお伝えします。
yp1.jpg
仲間が各自持って来た車両をヤードに収容。
yp8.jpg
DCCとアナログ兼用レイアウトならではの光景。
yp2.jpg
初走行となった東武10000系。奥は、仲間の京王5000系。なんとペーパーから作った自作車両!
yp15.jpg
ここで走らせると500系もいきいきしている。クリックすると拡大します。
yp4.jpg
一周30mという巨大モジュールレイアウト。最近話題に上った模型目線での時間の議論。1/80の世界になろうが感覚は同じ。(Yaasan氏が計算して答えを出している。)レイアウトも10番ポイントを使ったこういうところで走らせてこそ意味があると思う。
yp5.jpg
ポイント群を通過するジョイント音が堪らない区間。
yp6.jpg
氏のセンスが随所にみられる。100系も走行させてみたい。
yp7.jpg
廊下を跨いで2部屋を周回する。鐡の郷同様に憧れのレイアウト。世の中には凄い人がいる。
tobu34.jpg
東武10000系が早くも生まれ変わりました。
tobu36.jpg
コルゲート、ドア周りをメッキシルバーNEXTで塗装。付属パーツも取り付けて,11203Fと11204Fの本線仕様になりました。
tobu37.jpg
下今市風モジュールに似合いそう。

コメント(2) 

Nゲージ搭載用のDCCサウンド機器のご紹介 [オープンサウンドデータ]

『電気屋の毎日』Yaasan氏のホームページでNゲージ各社の搭載方法について詳しく書かれております。国内における鉄道模型の主流はなんといってもNゲージです! 参考にしたい方は是非ご覧になってください。
『電気屋の毎日』http://powerele.sblo.jp/article/186893773.html

※当方は現在1/80中心にサウンド化を進めており、Nゲージについてのご質問等には答えられませんのであらかじめご了承ください。

コメント(2) 

伊豆急100系走行動画ついに完成 [オープンサウンドデータ]

Zug伊豆急100系104号車の動画がMB3110A氏より公開されました。今年初旬より計画がスタート。後半に入り模型走行系の不具合により大分間が開いてしまいましたが無事に完成しました♪これでZugキットによるDCC化が実現しました。栃木総合車両所様と私でさよならクモハ103号車ツアーに参加して実車音を収録(栃木総合車両所様は主に走行モーター音、私は主にコンプレッサー音をそれぞれ役割分担)しました。その音源を使ってMB3110A様がDCCサウンドを作り上げて完成したものです。栃木総合車両所様は現在ブラスモデルキットを製作中で、完成時にはそのモデルに合ったサウンドを新たに設定すると思います。

祝♪伊豆急100系100形のオープンサウンドデータが公開されました。是非ダウンロードして在りし日の100系に慕ってください。Nゲージ(鉄コレ、難易度が高いですがマイクロエース、グリーンマックス)Zug1/80、カツミなどのブラス製品に好適です。
https://desktopstation.net/sounds/osd17.html

続いては最近私も収集している東武8000系の完成された走行動画です。

現在ブラスモデルの大半は売り切れ状態ですが、8111Fカツミ製6両編成モデルや探すとキットが在庫している店舗があります。精密なでんてつ工房製8000系を逃してしまった手前、これまたレアで精密なキットを入手する目処がたちましたのでいつの日かダウンロードして楽しみたいと思っています。

追記
東武10000系導入しました。日光線、鬼怒川線に試験的に過去に入線。2両編成と6両固定編成が日光線に回送と臨時としてそれぞれ過去に入線。
tobu12.jpg
先頭車2両2コテ×2編成、ブツ4としても運用予定。先行サンプルの色合いから大幅にイメージがアップ! テカり過ぎず品良く抑えめのシルバーと見る角度によってコルゲートが主張する。10030型(系)の製品化に期待したい。

コメント(16) 

日本型1/80専用フロアレイアウトの製作2 [1/80 レイアウト]

オフ会用のフロアレイアウトの続きになります。
ms4.jpg
エンドウの支線用曲線はR600です。リビングに敷く都合上横幅は可能な限り狭くしたいので鬼怒川線をイメージした支線にはR600を使いたい。そこで取説にR650以上と書かれているリバティーで走行テストしました。スローで走らせる分にはなんとかなりそうです。
ms3.jpg
プラットホームは6両編成対応としたかったのですが、駅構内の固定用パネルが長手方向で3.640mmなので5両+機関車となりました。
ms5.jpg
会津田島をイメージしてキハ40でホームの高さを確認。
ms7.jpg
欧州型同様に低床プラットホームになります。床下機器が見え隠れする高さが昭和らしくて好きなんですよね。
ho399.jpg
まずはアナログ配線を万全にします。2個のパワーパックで、それぞれどの区間にも乗り入れ出来ます。
ho407.jpg
以前導入していたアナログ機器。これにポイントスイッチと自動ポイントコード連動用を追加すれば可能。不足分だった自動ポイント(右)3個はIMONポイントでゲット。
DCCについては配線をこれ以上増やさない目的で、PP選択スイッチを経由(1502フィーダーコードCをECoS2に接続)して必要に応じてON状態にして対処する予定。
ms8.jpg
ひと昔前の下今市風プラットホームのイメージで制作。
ms10.jpg
電車を置くと蒸気時代の高さになっている。
ho403.jpg
引き渡り線の一つはホームに幅を合わせたギャップ付き端数レールを自作して対処。
ho408.jpg
既製品レールに合わせた間隔で。
ho402.jpg
線形を整える為にまずはシナランバー厚12mmに仮止め。サイズは1.820×455の2枚。
ho404.jpg
パネルの脚は5mm平檜棒を両側に固定。その後配線作業。
ho405.jpg
プラットホーム下地に7mm厚のスチレンボードを固定して、マイクラフトのLED配線を設置。プラットホームは取り外し式。
ho406.jpg
YP氏所有のモジュールレイアウトでLED自動信号機を体験し素晴らしかったので、うちの小さいながらもDCC対策していずれ設置するつもりです。

コメント(2) 

Zug伊豆急100系104号車DCCサウンド化完了 [1/80 ゲージ]

持つべきものは友人(仲間)です!ネットのおかげで本来ならば書籍の記事を通してでしか知り得ないその道のスペシャリストの一人今回はKumaさまとの出会い。そのキッカケを作ってくれたオープンサウンド。そしてメンバー。今年に入ってからというもの鉄模環境が激変しました。本当に今まで出会った方々全てに感謝の気持ちで一杯です!前置きはこのくらいにして本題に入ります。
100kei1.jpg
仲間に修理をお願いしていたクモハ104号車が早くも戻って来ました!室内配線も見直されてスッキリと丁寧な仕上がり。連結時に編成に組み込む場合を考慮して『ヘッド、テールライトのファンクションを増やして対応出来るようにしてあります』本格的な製品となっております。
100kei2.jpg
絶望的だった走行系と足回りの見直しで片軸集電だった台車をエンドウオプションパーツを使って全輪集電化が施されております。
100kei6.jpg
画像はKuma氏提供のもの。
100kei5.jpg
集電シューは車輪裏側平面に当てて安定。
100kei4.jpg
8-pinソケットからNext18に変更し配線が目立たない。
100kei3.jpg
ライトユニット新規制作という具合に綺麗で効率よくまとめ上げられて電気周りは別物になっております。Powerpack miniとの組み合わせは単行としても運転する両運クモハにとっては是非搭載したいアイテムです。CV値もLN-15とMPギヤ用に調整済み。早速走行テストしましたが、以前のギクシャクはもちろんのこと皆無。滑らかに安定して走行する分サウンドも生き生きしております。
100kei7.jpg
3両編成に組み込むので下田向きにサボを取り付けました。
100kei8.jpg
近日中にMB3110A氏に送りたいと思います。

コメント(7) 

最新のDCCサウンド事情 [1/80 レイアウト]

1/80レイアウトを約30帖のスペースで楽しまれているYPさんに誘われて運転会に参加して来ました。そこで見た仲間が持参されたでんてつ工房の東急1000系。すごい完成度を誇っておりました!

近いうちに公開されるかもしれません。1000系持ってないんだよなぁ。。。

京王井の頭線のすれ違い。

181系はまかぜの始動。
どれも高音質サウンドを響かせていました。
※オープンサウンドデータで東急1000系や181系はまかぜ等が公開(追加)されました。興味のある方はNゲージや1/80ゲージにLokSound V5 micro等を搭載しダウンロードして楽しみましょう。
Nゲージについては、『へのへのもへじのおもちゃ箱』http://henohenomoheji.blog22.fc2.com/さま開発の基盤を使うと楽に搭載出来ます。
https://desktopstation.net/sounds/

追記
tobu2.jpg
カツミ東武10000系のサンプルが出て来ました。前面(ロストワックス)と側面(エッチングプレス)を同一塗装。画像はジャンパ栓など未装着。
tobu4.jpg
こちらの画像はちょっと分かりづらい。いずれブツ4編成にするつもり...?手すり装着は良いが見た感じ塗装の質感がどちらかというと10030系。ゆくゆくは10030系と併結運転したいところ。

コメント(4) 
前の10件 | -