前の10件 | -

オフ会兼用フロアレイアウト [1/80 レイアウト]

先日伺ったきこり鉄道さん、うみ電やま電のりょうさん、YPさんの1/80レイアウトを拝見する度に一向に進まない自分の1/80フロアレイアウトが気になりますが、設置出来る場所がリビング・ダイニングに限られるサイズになってしまう事。そして計画していたレイアウトはソファなどを移動せざる得ないサイズになっている事から気が重くて億劫になっておりました(汗)
ho412.jpg
下今市駅の線型に近づけた為に直線部分だけで3.600mmというサイズ。曲線部分の1.610mmを加えると5.210mm。パネルを2Fから下ろすだけでもかったるいサイズ(汗)1/80レイアウトはメンバー宅で楽しめているので自分は欲張るのは止めようと思います。
ho413.jpg
長辺が4.220mmならばソファ、テーブルの移動無しで収まりますので、側線があり複線で走行テスト出来れば良しとしたいと思います。待避線部分が2mあるので東武の6両編成くらいなら停車可能。
ho414.jpg
電気配線が決まりました。これでエンドウEP-80と天賞堂カンタムパワーパックでPP選択スイッチを介してアナログ運転及び ESU ECoSでDCC運転対応になります。
ho416.jpg
以前使っていたカーブ用パネルで配置を確認。鑑賞し易い位置までパネルをかさ上げします。
ho415.jpg
一度に8人くらいまでならなんとかなりそうな雰囲気。ポイント配線まで作業しました。天気が良くなったらパネルを切り詰めます。
ho417.jpg
本線のフィーダー線を曲線に配線。
つづく。。。

nice!(8)  コメント(0) 

YP自宅運転会 vol.2 [オフ会]

家族全員体調万全にて安心して外出出来る事に感謝!久しぶりのYP氏主催の運転会に参加して来ました♪
yp1.jpg
U-TRAINSへ引き取りに行った東武6000系1編成を追加して気づけば東武祭りなる運転会の様相となってしまいました。手前からYP氏のDCCサウンド仕様東武2000系にN氏所有の8000系8111、中間に6050系リバイバル1パンタ車、奥は西武に持参したMy車両。10000系や500系リバティも持って行けば良かったかな。久しぶりに会った神モデラーKUMA氏とDCCやキット談義も充実!TMSコンペ入選を果たしたYP氏作東急旧6000系も再度拝見♪
yp2.jpg
登場時6050系と6000系を連結した4両編成快速東武日光。N氏所有のリバイバル6050系1パンタ車と2パンタ車を連結。奥の留置線に現行仕様のオリジナルカラー車が待機。
yp3.jpg
高架駅が東武らしい雰囲気のレイアウトが冴える。
yp4.jpg
同色同士の編成の方が格好良いかも!
yp5.jpg
急行の種別表示の1パンタ車。きりがないけどハマるとどんどん所有欲が増して来る〜(^^;
yp6.jpg
登場時の流し〜
yp7.jpg
6000系の方はこのあとDCCサウンド化予定です♪毎度ながら楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。仲間とのオフ会は大事にしたいものですね。
6050-9.jpg
運転会後日に車両のクリーニング。半日走行していたのもありトレーラー車の車輪がかなり汚れていました。綿棒真っ黒。しかし走行中はチラツキもほとんどなくDCC車両のような安定感がありました。

nice!(10)  コメント(0) 

ムサシノモデル EF65落穂拾い1115号機 [1/80 ゲージ]

我が家にも家宝と呼べる鉄道模型がやって来ました♪ 画像はクリックすると拡大します。
ef65-1115-1.jpg
ムサシノモデルEF65 1115号機現行型最新モデルです。城崎温泉まで乗車した寝台特急出雲や14系客車特急踊り子号を牽引した実績を持つ1115号機。現在残っている数少ない機関車。YPさん主催の自宅運転会にてメンバーが持って来たEF65やDD51の本物のような精巧なモデルを初めて間近に拝見する機会があって強烈な刺激を受けました。それが新型コロナウイルス発生前のもう3年も前の出来事。後日EF65が再生産されることを知って勢いで予約の電話を入れてしまいました(笑)コロナ騒動により1年以上遅れてこの度無事に発売となった訳です。特別な車を買うくらい待たされた気分。
ef65-1115-2.jpg
焼付塗装もされているとのことでもう実物同様の出来栄え!恐ろしいほどの執念を感じるモデル。恐る恐る店舗に伺い引き取って参りました。初めて社長にお会いし、想像した通りのモデル作りへの情熱をこれでもかというほど拝聴して来ました。昔は日本製だったそうですが、号機ごとの違いを完璧なまでに作り分ける注文に応じてくれる工房はもはや日本には無く、韓国製となっております。
ef65-1115-3.jpg
JR東日本マークも現行機感最高の表現!ライトも今流行りのLEDではなくて、実車同様の電球を搭載する拘り。1100番台では装備されているスノープラウはネジで外せる仕組み。
ef65-1115-4.jpg
今回の再生産分も何種類も作り分けされており、その上で号機ごとの違いまで再現。とてもこの金額で作るなんてこと出来ない。今後の見通しは半導体不足やパーツの価格が値上がり3割り増しとなってしまいそうとこぼされてました。
ef65-1115-5.jpg
取扱説明書もとにかく細かい!
ef65-1115-6.jpg
サイズ感といい各部のパーツどれをとっても本物っぽい感じに再現されてます。
ef65-1115-7.jpg
予約した際に滑り込みセーフ的な感じだったのと3年近く経ちもう忘れかかっていたモデルだけに大事にしていきたい気持ちが強まりました。次回の運転会でメンバーが形式の違うEF65を予約しているとのことで見比べるのが楽しみになりました。

nice!(16)  コメント(4) 

伊豆鉄道レイアウト 伊豆稲取志津摩海岸セクション [伊豆鉄道制作記3弾]

楽しみな恒例の行事オフ会が近づいて来ました。マイカテゴリー薬の項目に追伸として書いた通りステルスオミクロン株に感染しましたが、家族全員後遺症も出ずに完治しました。すでに仕事にも復帰し心配していた職場での陽性者もその後出ませんでした。おかげさまで元気倍増です!そろそろ釣りも再開するでしょう。
inatori@1.jpg
TMSに応募した時にプロカメラマンに撮影して貰っていた全体像です。クリックすると拡大します。
inatori@.jpg
取材していたレイアウトの構図に近い写真。この日はあいにくの曇り空でしたのでフォトショップで色合いと明るさを調整しました。
p1.jpg
再登場となったアルファリゾート21夏色キセキ。
p2.jpg
書籍掲載と違う角度のもの。
p3.jpg
2弾背合わせ側。
p4.jpg
信号場側から海側を眺める。
p5.jpg
旅の駅。
p7.jpg
カメラマンさんが気に入った角度より撮影されたもの。掲載された写真はこれの夕焼けタイプ。どれもほどほどに拡大出来ます。
第4弾の制作もそろそろ再開したいとは思ってはおりますが、その前にU-TRAINS東武6000系の導入やYPさん主催の運転会の参加など刺激が欲しい今日この頃です。

nice!(15)  コメント(2) 

LTヒラメ準備 [番外編、釣り具]

やってみたい釣具を揃え出して一段落しました。やるなら食べて美味しい魚が良い。今一番釣りたい魚はヒラメ。でもこの釣りは坊主のリスクが付き纏うもの。そこで友人と息子を巻き込んでの(保険的意味有り)タックルを揃えました。
gr1.jpg
昨年発売されたSLJ向けのグラップラー150HGを導入。LTヒラメ用にPE1.5号を200mにナイロンショックリーダー7号1.5mをFGノットで結束。(PE1.0号に巻き直せばタチウオジギングに使えるもの)触った感じ巻き心地はオシアコンクエストに及ばないもののドラグが良さげ。座布団級ヒラメにも対処出来そうな剛性感。過去にドラグ性能の劣るリールでポンピング時に大型をバラシた悔しい思い出がありますので、リールは小型でなるべく力のあるポンピングに頼らなくても良いモデルを選びたいところ。
abu.jpg
まだ使えるかな?ヒラメに使っていたもの。アンバサダー7000Cを出して来ましたが今のリールと比べたらとにかく重いし、改めて見るとでかい!もう出番は無いかも。
lth1.jpg
3人分のタックルを用意しました。昔じゃ考えられないくらい値頃なものばかり。奥からダイワ ライトヒラメX M-240<錘負荷20-60号>、アナリスターライトヒラメ MH-245<錘負荷20-80号>、ネライX M-240<錘負荷30-100号>3本の中で一番柔らかい印象。高級ロッド1本分で三人分を揃えました。調子が似ているのはライトヒラメX<専用ロッドなので柔らかい>とアナリスターライトヒラメ<穂先ならびに全体的に細くて柔らかくてその分感度が良さげ>。3本ともにアタリを弾きにくい穂先でこの差がどう出るだろうか。ラインはPE1.0号、1.5号、2.0号を状況に応じてチョイス。※ダイワ アナリスターライトヒラメのAIRSENSORリールシートの差し込み口が小さくて装着部分が厚いシマノ グラップラー150HGが微妙。よって従来型リールシートのネライXに装着。
rh.jpg
予備に購入したダイワ廉価版竿掛け万力タイプ(左側)。最近のは上級モデルにしか尻手ロープが付かないので第一精工のセーフティロープ12cmを取り付けました。右側のは20年以上前のモデルで尻手ロープが付属していた(沖釣りを本格的にやっていた頃は新製品として出たばかりの第一精工のスーパーラークを使用)。
lth5.jpg
混雑時はお祭りを避けるため使えない物もあるが、状況によってはネット情報を活用するのも有り。捨て糸やハリスの長さや孫針など他人とは一味違う仕掛けで釣りたいものですね。
さて6月解禁の千葉へ行くか近場の相模湾に行くか、楽しみになりました。

PS) ネット通販で購入した包丁3本(研ぎ屋に出す前)。
IMG_1.jpg
裏押しと研いでもらった物。
IMG_2.jpg
實光の鯵切りが本来の姿になりました。裏押ししたことにより刃先が別物。
ta.jpg
釣りあじ食堂さんの醤油も早速試します。


nice!(17)  コメント(0) 

U-TRAINS 東武6050系 6176F 導入 [1/80 ゲージ]

導入してからじっくりと拝むのも今回が初めて。ちょうど釣りを再開した時期と重なり鉄模をいじってませんでした(^^;
tobu50.jpg
本線引退時期に重なるように登場時と現行型3種を購入。
tobu51.jpg
オリジナルカラーは1パンタ車をチョイス。東武ロゴマークは好みで自分で貼るもの。
tobu52.jpg
コロナデルタ株の落ち着いた昨年乗りに行っておいて良かった。
tobu53.jpg
やっぱり鋼製車両は鉄製が良いな。
tobu54.jpg
パンタ周り。
tobu55.jpg
リバイバルカラー2パンタ車と連結。右側は登場時仕様。予定品の東武6000系と連結。
tobu56.jpg
パンタ周りの作りの違いがよく分かります。
tobu57.jpg
気づけば2両編成中心。これに東武6000系2両編成と8000系4両編成が加わる予定。
tobu58.jpg
我が家の1/80東武ローカル車両基地のような光景♪

nice!(17)  コメント(2) 

和竿手入れ [番外編、釣り具]

親父が大好きな釣り物の一つに船からのシロギス釣りがありました。よく誘われては仕立て船や乗合船に乗船したものです。
wazao1.jpg
竿師としてはセミプロ級だった親父のシロギス竿です。釣りはもうやらないと思っていたのですが、運動不足解消のためとやってみたライトアジが引き金(笑)となり食べても美味しい釣りたてのシロギスの天ぷらが恋しくなり20年ぶりに竿を出したついでに手入れも行いました。15号の錘で負荷をかけると8:2の先調子ですが、胴にかけて柔らかいので魚のテンションが加わると7:3調子になるような2本共に食い込みを促す。太い方は深場狙いもいける感じ。手前は激安3000円代のシロギス竿。7:3調子となっているけれど穂先が柔らかい8:2調子くらいの感じ。値段が安くて助かる分、価格相応のバランスなので貸し予備竿用にします。
wazao3.jpg
15号負荷時。釣り場では10号〜15号を使用。細い方は主に浅場用とした方が良さげ。全体的に柔らかいので魚に違和感を与えない調子。6.6尺(2m)
wazao4.jpg
太い方の15号負荷時。浅場から深場まで対応出来そう。普通の竿師なら敬遠する売れ残った材料で作った暴れ竹と呼んでいた強竿。度々火入れしては狂いを抑えていた。これも胴にかけて柔らかい調子なので同じく魚に違和感を与えずに食い込みを促します。7尺(2.1m)私のやる事は釣り以外全否定の親父でしたが和竿で釣るシロギスが楽しみになりました。
wazao5.jpg
親父の雅号。
wazao2.jpg
こちらの竿は知る人ぞ知る有名な竿師のもの。作りも流石としか言葉が見つかりません。私自身和竿を使ったのはもう40年以上前の宇佐美でのヒラメ釣りの時に父親から借りた事くらいです。このまま工芸品扱いしても良いのですが、使ってみて初めて価値が分かる訳で6月予定の某場所でジャンボシロギス釣りに行こうと決めました。最新の上級者ロッド、ダイワ極鋭キスと比べても面白いかもしれません。
kisu3.jpg
当時自分が使っていたSAKURA別作黒潮強2.1と黒潮強1.8。父に比べ手返しが遅い上に鱚が違和感を感じると食い込まず釣果は倍近い差をつけられてました。横から見ていると二本の竹竿ともにアタリから食い込みまで実にスムーズで竿の性能もすこぶる高かった。お財布が許せば極鋭と二刀流でそれぞれの良さを体感してみたい。こちらの竿は同行予定の友人に貸すことにしました。
jigger11.jpg
暖かくなり陸っぱりからのカマスの活性も上がって来たようなので、浅場の船シロギスとスーパーライトショアジギング兼用にPE0.6号を選びました。ジグはダイソーでも購入。
knot.jpg
ショックリーダーは12lb(3号)を1ヒロ。SALTWARLD監修のFGノットで結束。カマスを狙う時は先糸を結びます。

nice!(14)  コメント(0) 

ライトジギング [番外編、釣り具]

LTアジ釣りに導入したリールはライトジギングもやる目的で購入したもの。最近盛んな東京湾のタチウオジギング、ランカーシーバス、青物ジギングで釣れるサワラ、ワラサ、ブリにも使います。これから3ヶ月間は一年の間でも小康状態となる季節。時期に入ってから道具を揃えようとしても良い物は品切れとなり手に入れるにも労力がかかります。そこで思い立った今のうちに道具を揃えて行く事にしました。
jigger5.jpg
ベイトタックル2本目はオシアコンクエストCT200HGに21グラップラーBBタイプLJ B63-2入門者用と謳われているロッド。タチウオからワラサクラスの青物まで使える汎用ロッドです。
jigger6.jpg
ライトでないジギングタックルになりますが、ブリクラスの大物が回って来たら昔南国で使っていたスピニングタックルで凌ぎます。MCワークスの574SSエヴォリューションがちょうど良い感じですね。リールはプロアングラー茂木氏のアドバイスでチューンナップしてます。しかし東京湾でこれらの大型回遊魚が手軽に釣れる時代になるとは有難い。。もちろん鉄道模型も続けますが、運動不足解消にはもってこいの趣味だと思います。海のルアー釣りは体力勝負もありますからね。
jigger4.jpg
それでは慎重にラインを巻いて行きましょう。。※海のルアー釣りは巻き方が重要になります。
jigger7.jpg
高速リサイクラー2.0に下巻きラインをセット。シマノ指定の800gに近い錘をぶら下げてテンションを調整しました。次回からの目安に養生テープでテンション位置に印を付けておきました。※昔親がやっていた釣り具店の手伝いでお客さんの糸巻きをたまにやっておりましたが、糸を釣り竿のバット部分とタオルで挟んでテンションをかけて巻いてました。
jigger8.jpg
ドラグをしっかりと締めてPEラインをスプールに結び小さく切ったテープで止め手順に従ってレベルカウンターの糸巻き学習スタートさせながら開始。オシアコンクエストCT200HGは糸巻き量PE1.0号440mと表記されております。それではオシアEX8 PE1.0号300mをきっちり入れたいと思います。(スプール縁1mm下に収まるように)下巻き用にタナトル4 PE1.0号の150m巻きを用意。実際に巻いてみて分かったのは下巻き下ラインまで70mしか入りませんでした。同メーカー品でもPEラインの太さが違うから仕方がないですね。オシアEX8とのPEライン同士の結束には強度のあるPEノットで結びました。
jigger9.jpg
ラインに合った糸巻き学習とテンション800gできっちりと巻くことが出来ました。
sj1.jpg
オシアコンクエストリミテッドの方はスプール交換が容易に出来るのでLTヒラメ、スロージギング用にPE1.5号も用意。ショックリーダーはナイロン25LB(7号)を1.5m。タナトル4 PE1.0号を下巻き下ラインちょい下まで50m入れて、200mきっちりと巻いてあります。
jigger10.jpg
ジギング初心者の友人に頼まれたタチウオロッドやジグ。リールは何を選ぶのだろうか?私ならば鋼ボディのグラップラーCTないし上位機種のプレミアム150XG(先々を考えて最初から奮発してオシアコンクエストのリミテッド<ライン替えスプール交換が楽>かCTでしょうか)グラップラーBBタイプLJ B63-2よりも格段に穂先が柔らかいダイワ鏡牙X63B-2。ぱっと見外道の青物ならイナダ(イナワラ)、ショウゴ、サゴシサイズくらいまでならいけそうな気がしますが。。その点グラップラーBBの方がしっかりとした作りですが、少々硬い穂先がどこまで扱い易いか実釣までお預けです。

nice!(13)  コメント(2) 

スロージギング両軸リール [番外編、釣り]

前回に続いて内容は釣りになります。欲しかったヒラメ釣り兼用のSHIMANOオシアコンクエストリミテッド200HG買ってしまいました!もちろん始めたライトアジ釣りにも使えます。画像右側は昭和40年代から50年代に主流だったオールドABU5500Cハイスピード(高性能ドラグ装備)これに勝る国内モデルは皆無でしたし、これがないとヒラメ釣りにならなかった時代。その頃の伊豆宇佐美はイワシの活きイケスが沖に数十も浮かんでいてそれに寄ったヒラメ、アオリイカが沢山釣れました。(父親が毎週のように沢山釣って来ました)
ocea1.jpg
不意の大物にも安心して使える品質です。替えスプールを用意すればライトヒラメ、ジギング、シーバス、タチウオ、コマセ五目、ライトアジなどなど末永く使えそうです。特徴は落とし込みフォールのスピードを調整出来る機能を有している事。貸し竿や安価な道具ばかりだと船長(船宿)にもそのような目で見られてしまいますから、ある程度の道具も大切になりますよね。
daiwa1.jpg
入門用ロッド(といってもCP値が高く良いロッド)は息子に譲り、上級者用と謳われているダイワのロッドを導入。アルファタックルも軽いがさらに驚くほどに軽い!これは釣行が楽しみである♪アジフライがとんでもなく美味しかったので金鯵釣りは本腰を入れるつもりです。
daiwa2.jpg
ダイワ極鋭ライトアジ165テクとアルファタックル海人ライトアジ175の比較。リールシートを合わせると10cmもの差はない。あきらかに違うのはガイドの位置。ダイワが7.5:2.5先調子にアルファタックルが7:3と幾分胴にかかる調子からダイワのガイドは穂先に集中して配置されている。実釣時に両方試してみたい。PEラインのガイド絡みから次回からショックリーダー5号1mを結びます。
daiwa3.jpg
DAIWAのロッドにSHIMANOのリールの組み合わせも悪くない感じ。問題なく取り付けました。青系同士のカラーはよく似合う。高級な両軸リールとラインの性能を出し切る上で高速リサイクラー2.0やドラグチェッカーを用いてテンションをかけて例えばビシ40号(使う150gのジグを想定)に合わせて巻きました。※シマノ取説にはPEラインの場合少し強めの800gのテンションをかけてきっちり巻くとあります。私は下巻きにタナトル4の1号を指定溝のちょい下まで様子を見ながら巻いた上で連結し上巻きラインを200mきっちりと巻いてあります。
knot.jpg
トラブル防止の観点から結び目の小さいFGノット(摩擦系)にしました。金谷のように上から棚を取る(根が荒い為に底まで下ろすと根掛かりするのを避ける棚取り)指示が出ても迷わないようにショックリーダー1m分をPEラインの方で1m詰めて結んでます。
at.jpg
穂先にラインが頻繁に絡んだアルファタックル海人ライトアジ175にも1mのショックリーダーを付けました。手返しが速くなる分釣果に繋がるでしょう。
turi.jpg
生前父親が使っていたセミクジラ穂先の和竿を出して来ました。どれも抜群の調子の筈。手前はキス竿。感度がすごい竿。いずれ実釣に使いたいと思います。ライトアジ40号に使える竿もあるかもしれません。
turi35.jpg
さて、連日良い釣果を叩き出している広島屋さんへ1ヶ月ぶりの釣行。ダイワ極鋭ライトアジ165テクとシマノオシアコンクエストリミテッドの試釣り。
turi36.jpg
コロナ濃厚接触者となって二人がキャンセルとなり、この日はなんと常連の方と二人きり!船長差し入れのアツアツのロールキャベツをご馳走になり大名釣りを満喫しました。私は左舷大艫。艏に入った常連の方も同じロッドにオシアコンクエストを使ってました。
tsuriaji17.jpg
リールの安定した滑らかな巻き心地よさに加えてフォールレバーで調整すればバッククラッシュも心配なしでとにかく快適。ごく僅かな前アタリ(出たらゆっくりと竿を上げて行き誘うとモタレが出るないし明確なアタリが出る時もあるし、僅かなアタリで合わせると強く引き込まれる場合もあります)を伝えてくれるロッドのおかげもあり82匹。さすがのロッドに感心。それに加えて仕掛けは作ったものが断然良かったです(ハリス1号と0.8号に極アジ針10号と11号で中型以上を狙う。先日はあまり差は感じなかったがロッドの性能で仕掛けの差も明確にわかったのかも)10時で39匹を釣り順調に数を伸ばせる筈でしたが、フグらしきものにショックリーダを切られて天秤とアンドンカゴを消失(汗)船長に借りたビシはフジワラ?この日はアンドンカゴのパラパラと出るくらいがマッチしていた。とにかく誘いが肝心な日でした。ペースを崩すも持ち直して13時の早上がりとなりました。船長の選ぶポイントは本当に良いところ。ゴマ鯖が邪魔をしてくるのは仕方がない。
turi38.jpg
型も前回より良いのでクーラーBOX満タン♪特にこの日はよその船宿の釣果がどこもかしこも冴えない中で十分な釣果を得られました。(同じポイントに入って来た他船宿もいた)
turi39.jpg
終了10分前には道具を片してしまいましたが、なんとか面目を保てた結果となりました。
tsuri.jpg
次回釣行の下準備。Youtubeでよく観るライトアジの仕掛けは市販品で十分という解説。厳寒期に関してはなるべく細い市販品を使うか面倒でも自作する事をおすすめします。
tsuriaji3.jpg
アベレージサイズは25cm。体高がある黄金アジ。
tsuriaji1.jpg
冷蔵庫で一晩寝かせて捌きました。沢山釣れたので定番のアジフライにします。
tsuriaji2.jpg
30cmクラスは、前回好評だったタタキにしました。おしまい。

nice!(17)  コメント(6) 

船釣り再開 [番外編、釣り]

TMS鉄道模型趣味12月号に伊豆鉄道レイアウト3弾が掲載されました。伊豆の海を手前に配置したレイアウトによって海中心の景色に仕上げました。その構想が生まれたのも15年ほど前までハマっていた海釣りがあったからこそだと思っています。最近になってアジング(エサを使わないワームやルアー釣り)の入門者用タックルを購入し友人と始めてみたものの時期的に厳しくなり本命の鯵はまだ釣っていません。ドライブがてらに寄ってみた富浦新港でチャリコ(マダイの稚魚)とヤマトカマス3匹がすぐに釣れたおかげで忘れていた昔の感覚が蘇ってしまいました。特別な釣り物を除き一通りは経験済みなので今更にそこまでやるつもりも今のところありませんので、厳寒期でも釣果が見込めるであろうエサを使った鯵釣りでもやってみようとなった訳です(笑)また釣法に関してもここ十数年で変化しており昔は鯵釣りといえば130〜150号ビシを使った漁のような重い道具だったのですが、今は軽量化されて気軽に楽しめるライトタックルの釣りも加わって引きをダイレクトに味わえそうです。
turi1.jpg
ライトアジ入門用ロッド(アルファタックル海人175)<この釣りの人気からかダイワやシマノ、ABU黒船ライトアジなどの入門ロッドは軒並み売り切れ>に昔使っていた小型リールを組んでみました。今のリールはとにかく軽くて小さくて玩具のように見えますが、ハンドルは大きく最大ドラグ力も増してライトヒラメ釣り兼用のものが欲しくなります(笑)巻いていたPEラインの痛みが激しいのでタカミヤの伝衛門丸船1.0号と1.2号に巻き替えました。
turi5.jpg
あると便利なグッズ。十数年前のラインは60mでバッククラッシュしていた。
turi6.jpg
古いリールスプール糸巻量なんて大抵覚えていないので、このような便利ツールを活用し正確に巻く事が出来ます。釣具店でもやってもらえますが大抵は有料になります。
turi2.jpg
下の子も行きたいというので昔のロッドにABUのリールを組んで、タカ切れ防止に摩擦系ノットでサルカンを結びました。折角なので実験的に天秤をそれぞれ変えて様子をみたいと思います。私は下の赤い弓形天秤を使用。調子が良かった。40号テーパービシはフジワラ。食い渋り対策にヘラ鮒ハリス0.8号で自作。ハリ外しは魚に触れないで外せる金谷漁師考案の優れもの。これ手前祭りのリスクが大幅に減って手返しが速くなりますね。
turi3.jpg
東京湾も年々綺麗になり横浜沖で釣れる鯵は金アジと呼ばれ脂が乗ってとても美味しいようです。掌の温度が低い私は毎回捌き役として重宝?がられてます。しばらく鯵中心の釣りになりそうなのでアジ切り包丁も買っておいた方が楽そうです。しかし寒いですね。。風邪を引く訳にも行かないので小春日和にまずは午後船にでも乗って様子を見て来ようと思っております。それとこの数年の間に釣船に乗船するには桜マークの付いたライフジャケットを着用しないと乗船出来ないルールになってしまいました。私が持っている格安の欧州安全基準のライフジャケットではダメのようで、桜マークの入ったライフジャケットは総じて高価なだけに痛い出費になりそうです。そうそうU-TRAINS6050系現行車も導入しました!
turi30.jpg
国交省認定のダイワの桜マークの入ったライフジャケット。POINTの年末新春セール価格でやむ負えず購入。右側の欧州安全基準のものとボンベを引っ張るパーツなどは同一。三つともMADE IN CHINA。
turi4.jpg
釣りに便利なWindyアプリ。風向き、風速、波、海水温など知りたい情報が1週間先までを時間ごとに目安で調べられる。釣行候補の新山下界隈、金沢八景、千葉県金谷など違いはあれど金アジの生息地を狙って出船中。船宿釣果を見ながら決めたいと思います。
turi10.jpg
そして選んだ船宿は新山下の広島屋さん。この日は大潮周りの中潮の2日目で薄濁り。マダイ釣りなら最高の潮。アジにはあまり関係がないか。LTアジ船9000円青イソメ付き。氷別250円。
turi11.jpg
20年?ぶりの船釣りです。『釣りあじ食堂』さんもいらした。マアジは血抜きせずに氷〆が良い。キンキンに冷えた海水氷に生きの良いアジを入れて〆るやり方。
turi12.jpg
昨日好釣果だった最初のポイントは型がみれた程度。最初はハリス1.5号仕掛けを用いていた。その後船長の選んだポイントは水深12m前後の浅場で凪で暖かい最高の場所でした。指示棚は底から2〜3メートルビシを上げる。ヘラ鮒ハリス0.8号で作った仕掛け(細いハリスは切られるリスクが高いけど大型の警戒心は薄れるので、針は極アジまたはムツ10号で細かいアジはなるべく掛からないように工夫)は型の良いアジがすぐに掛かって来ましたが、ハリ外しを用いたところすぐに切れてしまいました。その後ハリス1.0号のがまかつ仕掛けにチェンジ。やはり数を伸ばすには積極的にコマセを撒いて誘いを繰り返す方法。2mの軟調子ゲームロッドを使った息子は途中で飽きて置き竿のままでしたが、かかるのは一荷が多く40匹近く釣りました。友人は手前祭りに苦戦ぎみ。
turi13.jpg
26LのクーラーBOX満タン(笑)youtubeでライトアジ釣法を研究していた成果が出ました。
turi14.jpg
全て黄金アジ。私が77匹で全部合わせて133匹いました。型も小さいのから30cmクラスまで万遍なく釣れました。これは捌くのも一苦労ありそうです。バットに移し替えたアジは冷蔵庫で寝かせて翌日捌きます。これでもごく小さいアジは針外しで魚に触れないでリリースしてます。外道はカサゴ、イシモチ、ゴマサバ数匹。
turi15.jpg
さすがにヤバいのでアジ切り包丁導入しました。手前の出刃150mmと比べて軽いし小型で刃が薄い。
houchou.jpg
包丁ドットコム(amazon)で購入した口コミ通りの出刃、しかしながらセットの柳刃が研げてなくて實光の両面砥石も導入。出刃150mmはなんとか切れたけど、素人ながら3本研ぎ直して使います。
turiaji1.jpg
左は大きなサイズの下処理(ぜいこ、うろこ、内臓)を終えたところ(汗)こうなることは分かっていた筈なんですが、少し釣りすぎました。
turiaji2.jpg
三枚おろしにしてアジフライやタタキを作りました。2バット分の下ごしらえが完了。残りは小中サイズ。
turiaji3.jpg
干物にして冷凍保存します。20cm〜22cm級は12%の塩水に酒適量を入れた中に小一時間漬け込みピチットで12時間冷蔵庫内で干す事にしました。
turiaji6.jpg
屋外で干すより衛生的な冷蔵庫干し。12時間で出来上がり。これで40枚以上あります。
turiaji7.jpg
小中サイズは頭を落として下処理完了。これで52匹分。ここまでトータルで8時間もかかってしまいました(汗)実家にあげたお刺身(タタキ)と塩焼きが美味しかったそうです。
turiaji16-1.jpg
うちは〆さばならぬ〆鯵。まずは砂糖で塩の入りをよくすると良いとの記事を真似てみました。1時間冷蔵庫に置いて水で洗ったあと塩を満遍なく振って再度冷蔵庫に1時間置いて洗って酢に1時間漬けてその後一旦冷凍します。塩焼きの分と干物、昆布〆、〆鯵と作り終えました。次回は数より大型狙いの金谷へ行こうかな。
turi16.jpg
次回釣行の下準備として仕掛けを改良。へら鮒ナイロンハリス0.8号は中型アジの引きに耐えましたがハリ外しで切れてしまったので超強力フロロカーボンハリス1.0号にチェンジして作りました。極アジケイムラパール針10号と金ムツ針9号(がまかつ仕掛け)の差は感じませんでしたが、中型アジがすぐに食って来たことから再度採用しました。
turi17.jpg
そして伝衛門丸PE1.0号の感度は申し分なかったのですが、不注意でよそ見した際に2回もバッククラッシュを起こしまして1.5号に巻き直しました。古い汎用リールの画像で目新しさがありませんがLTヒラメにも興味がありLTアジ、ヒラメ予備用としてシマノ800番に8本編みのPE2.0号を巻いております。広島屋さん船長作のビシは現在在庫切れ。常連は大きなサイズのビシカゴでコマセをガンガン出してました。
turi18.jpg
また後日訪れた中山丸。手始めに数軒の船宿に釣行。
turi19.jpg
この日は小潮の初日で日曜日。入りたかった右舷トモ周り(潮下)は満席。右舷のトップは58匹。左舷トモ寄りで釣り。水温は12度。船宿ミンチコマセに合わせてアンドンカゴにチェンジしました。
turi20.jpg
食い渋りの中なんとか30匹。幾分型が良いのが救いでした。この日はコマセはパラパラと残る具合が良く、1.0号ハリスから始め最後はヘラ鮒ハリス0.8号で対処。ベイブリッジ近辺で一時食いが立ったがその後食い渋り本牧沖に移動するもダメ。最後の出船港前で11匹追加し終了でした。食いの良かった青イソメは釣り具屋で購入(この日の船宿は赤タン支給のみ)ショートLTアジ8000円氷付き。釣り幸さんの午前船のトップが30匹でした。
turiaji19.jpg
薬味タップリのタタキ。埋もれてますが、これで10匹使ってます。おしまい。

nice!(17)  コメント(6) 
前の10件 | -